人気のiPhoneシリーズ「Apple iPhone 12」

Filed Under (未分類) by admin on 17-08-2022

“スマートフォンについてよく知らない人でも「iPhoneシリーズ」を知っている人は多いです。世界ではトップクラスのシェアをほこるiPhoneシリーズですが、今では、「Apple iPhone 12」がiPhoneシリーズの中でも特に注目を集めているので、なぜApple iPhone 12は人気なのかを案内していきます。
Apple iPhone 12の詳細スペックですが、「サイズが約71.5mm×146.7mm×7.4mmm、重量は約162g、ディスプレイサイズは6.1インチ、カメラはメイン:約1,200万画素、サブ:約1,200万画素」となります。すでにスマートフォンを持たれている人であればわかりますが、Apple iPhone 12はものすごく軽いです。
スマートフォンの重量の補足となりますが、基本的に今では6インチ以上のワイドディスプレイのスマートフォンが増えているため、重量も200g以上と重めのものが増えてきました。実際に重量については人それぞれで捉え方はちがってくるのですが、160g前後で軽さを実感できるレベルです。
Apple iPhone 12は重量以外にもメリットがあり、たとえば、「バッテリー容量が最大17時間のビデオ再生、最大15時間のビデオ再生」に対応しているレベルなので、バッテリー容量についてはApple iPhone 12以前のモデルとは勝負にならないレベルで進化しています。
しかもApple iPhone 12は処理性能も高く、「CPUがA14 Bionicチップ、ROMは64GB(128GB ※256GBは取り扱いなし)」となっています。CPUは最新のパーツが搭載されているものほど処理性能がよくなるのですが、Apple iPhone 12はCPU、メモリ、ストレージともに容量不足になる可能性が低いため、安く購入できるスマートフォンとは思えないほどに性能がよいです。
しかもApple iPhone 12は、「5G対応のスマートフォン、防水防塵機能あり、Super Retina XDRディスプレイ、デュアルカメラ搭載、おサイフケータイ機能あり」となっておりますので、Apple iPhone 12以前では見られなかったサービス機能も搭載されているのです。”

「6~18歳のスマホデビューに選びたい格安スマホNo1」のワイモバイルの特徴とは

Filed Under (未分類) by admin on 12-08-2022

“ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルは、お子さんに持たせるスマホとして人気の格安ブランドです。ここではワイモバイルの魅力に迫ってみましょう。
【家族割が充実している】
「6~18歳のスマホデビューに選びたい格安スマホNo1」にも選ばれているワイモバイルの魅力の1つが「家族割」です。ワイモバイルの家族割は2回線目以降の基本使用料がなんと月額990円~となっています。990円なのはシンプルSのプランで、通常であれば2178円のところが家族割が適用されるとずっと990円の料金設定になります。さらにプランMでも2090円、プランLでも2970円と格安なので、家族そろってワイモバイルにするのがお得でしょう。
この家族割は、同居じゃなくてもOKなので、1人暮らしを始めたお子さんでも適用できますし、最大9回線まで契約が可能です。例えば家族4人で契約をした場合、毎月3565円の割引が受けられ、年間に計算すると42,768円もお得になるのです。家族4人ともがSプランにすれば、月額料金は4人全員で5,148円という安さになりますよ。
【お子様へのスマホお下がりができる】
ワイモバイルではSIM単体での契約も可能です。そのため親御さんが以前使用していた古くなったスマホをお子さんにお下がりすることもできます。そうすれば端末代金の節約になるでしょう。もちろんSIM単体での契約でも家族割が適用されます。さらに他社回線から乗り換えしてシンプルM/Lを契約すれば、10,000円のキャッシュバックが受けられます。
【ソフトバンクの各種サービス・割引はそのまま適用される】
ソフトバンクで契約中の方であれば、ワイモバイルに乗り換えたとしてもソフトバンクの各種サービス、割引はそのまま利用できます。それでいて料金は安くなるので、ソフトバンクからの乗り換えが最もお得と言えるでしょう。またソフトバンクのサブブランドなので、通信回線は高品質で安定しているのが特徴。全国各地にショップもあるので、対面でのサポートを利用したいという方でも利用しやすいですよ。
【データ量は翌月繰り越しでお得】
ワイモバイルでは、2021年8月より余ったデータ量は翌月に繰り越し対応できるようになりました。この繰り越しサービスによって、より便利に利用できるようになります。
さらに申込プランに応じてデータ量は決まっているものの「データ増量無料キャンペーン」というサービスがあります。このサービスを利用すれば、お得にデータ量を利用できますよ。データ増量オプションは通常は月額550円となっていますが、オプションを初めて申し込む場合は、1年間は無料で利用できます。つまり1年間は、基本料金は変わらずに、データ量だけ増量されるのでかなりお得ですよ。”Galaxy Sim free smartphone

カメラ性能が高いスマートフォンはどこを見ればよい

Filed Under (未分類) by admin on 11-08-2022

“カメラ性能が高いスマートフォンということで、スマートフォンランキングに掲載されているスマートフォンを見ることがあります。しかし、「具体的に何が優れているのかが不明」のため、本当にカメラ性能が高いスマートフォンなの?と思ってしまうことはよくあります。
そんな人は、次のポイントをおさえて好みのスマートフォンを見つけるようにしてください。
まず、カメラ性能が高いスマートフォンとは「画素数が高い」という最大の特徴があります。画素数が普通の場合、画素数が少ないとされているものであれば問題はありません。ですが、景色のように美しい画像で残したい・・・と感じるものは、画素数が高いスマートフォンでなければ「クッキリとした画像にならない」ため、カメラ性能が高いスマートフォンが存在するのです。
ちなみに、昔であれば1,000万画素でも高い・・・と言われていたのですが、今では最低でも「2,000万画素」は欲しいところです。今でも、古い情報を載せているスマートフォンランキングでは、1,000万画素をカメラ性能が高いスマートフォンとして紹介していることもあるので注意してください。
画素数を補足させていただくと、「5,000万画素のスマートフォンは簡単に見つかる」ので、画素数の妥協点を知っておきたい人はこの数値を参考にしてください。ただし、平均よりも画素数が高いスマートフォンとなると、本体価格が5万円を超えることもあるので注意しましょう。
次に「F値をチェック」することが重要です。
カメラ性能が高いスマートフォンについて知らない人の場合、基本的にF値は無視してしまう傾向にあります。なぜF値が重要なのかというと、それは、「背景がボケていない写真撮影をするため」です。
今の時代では手ぶれ補正といったほうがわかりやすいかもしれません。たとえば、景色と一緒に人を撮影する場合、ブレがあるないでは・・・ないほうがよいでしょう。これを可能にできるかどうかがF値なのです。
F値に関しては、カメラ性能が高いスマートフォンであれば問題のないスペックになっているので、「よく写真撮影をする」人はF値が低いと指摘されているスマートフォンを購入しないほうが賢明です。
そして、最後に「レンズの枚数をチェック」するようにしましょう。
今ではトリプルレンズ以上でカメラ性能が高いスマートフォンは数多く存在します。有名なスマートフォンのブランドでは「Huawei(ファーウェイ)」が挙げられるのですが、レンズの枚数が多くなるほどに「人間の目で見たような風景」を写真撮影できるようになります。
ほかにもズームに強い、夜景に強い・・・など、「あらゆるシチュエーションに対応できる」ようになるため、カメラ性能が高いスマートフォンを探しているのであれば、トリプルレンズ以上で決めたほうが賢明です。”

スマホ落下防止につながる!スマホリングの種類と役割とは?

Filed Under (未分類) by admin on 10-08-2022

“大画面のスマホが増えていますが、スマホが大きくなれば片手で持つのが大変になるケースも多いです。そんな時に便利なのが「スマホリング」です。
今回はスマホリングの魅力や種類をまとめてみましょう。
【スマホリングの役割とは?】
スマホリングはどのように使うものなのでしょうか?その役割をまとめてみます。
・落下防止
スマホリングを付けておくことで、スマホの落下防止につながります。リングに指を引っかけて使うので、片手で持っても安定した操作が可能です。スマホのサイズが大きいと手の小さい女性では、間違って床や地面に落としてしまうこともあります。アスファルトの上にスマホを落としてしまうと画面が割れてしまうこともありますが、スマホリングで予防できます。
・スマホスタンドとして使う
スマホリングはスマホスタンドとしての役割もあります。デスクやテーブルの上にスマホを置いて使う場合、ちょうどいい適切な角度にならないことがあるでしょう。
そんな時にはスマホリングをスマホスタンドとして活用することで、テレビ電話もしやすいですし、動画視聴も快適に行えます。スマホスタンドを別途購入する方法もありますが、スタンド機能が付いたスマホリングを付けておけば、1つで2役こなしてくれるので、経済的で便利でしょう。リングの角度を調節できるスマホリングであれば、より使いやすいですよ。
【スマホリングの種類】
スマホリングと一言で言っても、スマホの背面に付けるタイプや、ストラップの先にリングがついているものなど種類が豊富です。ここではスマホリングの種類をまとめていきましょう。
・背面リング
スマホリングの中でも背面リングは最もスタンダードなタイプと言えます。強力な両面テープで、スマホの背面に貼り付けるタイプで、リングは360度回転するため、スマホスタンドとして使う時に角度を調節することができます。この背面リングは発売されている製品数が多いので、好みのデザインのものを探しやすいというメリットもあります。また価格も比較的リーズナブルなので、初めてスマホリングを使う!という方におすすめです。
・ストラップタイプ
ストラップタイプのスマホリングは、ストラップの先にリングが付いているタイプ。ストラップ取付用のホールがあれば、スマホ本体・ケースを問わずに簡単に付けることができるのが魅力です。背面リングでは両面テープで接着しなければならないため、端末やケースを汚してしまう可能性がありますが、このストラップタイプであれば
汚れる心配もなし。また凸凹したスマホケースであっても取り付けができます。またスマホが分厚くならず、ポケットやカバンにも収納しやすいという点もメリットと言えるでしょう。
ただし、ストラップタイプでは背面リングのようにスタンドとしては使用できません。
・バンドタイプ
バンドタイプのスマホリングは、指を入れる部分がゴムやレザーなど柔らかい素材になっているので、背面リングに比べて指を痛めにくいです。使用しない際にはバンドが平たくなるので、邪魔になりません。差し込める指の本数が多いモデルや、素材にこだわったモデルなど様々な種類があります。
また製品によってはスマホスタンドとしても使用できます。ただし背面リングのように角度調節ができる製品は少ないでしょう。
・グリップタイプ
グリップタイプは指を通して使用するのではなく、指で挟みこんで使うタイプのスマホリングです。背面リングと同じように両面テープで貼り付けて使用します。グリップは柔らかい素材を使用している製品が多く、使用時にのみ伸ばして、使わない時はコンパクトに折りたたんで置けるので、邪魔にもなりません。グリップタイプのもスマホスタンドとして利用できるモデルが多いです。”

スマホの動作が遅い!そんな時はスマホをチェック!

Filed Under (未分類) by admin on 05-08-2022

“スマートフォンの動作が遅い場合、もしかすると、以下のようなトラブルが起きているのかもしれません。
まず、「ストレージやメモリが不足している」可能性を疑いましょう。スマートフォンは、人によっては2、3年ほど使われてから新しいモデルに買い替える・・・ケースが少なくありません。ですが、スマートフォンの多くは1年もたたずにニューモデルが発売されているため、2、3年も前のスペックでは新しいアプリが動作しないケースも少なくないのです。
これはメモリ不足によって起きることが多く、少し新しいスマートフォンであれば3GB以上のメモリを搭載しているのに対して、古いスマートフォンでは3GBを切るケースも少なくありません。
ちなみに、3GB未満のスマートフォンではスマートフォンの動作が遅いのも当然で、今では、「3GB以上を推奨しているアプリが増えてきた」ので注意してください。3GB以上のスマートフォンですが、格安スマホとして販売されているものでも、実は3~4GBのモデルは簡単に見つかります。
価格についても載せておきますが、安いものであればオンラインショップで購入するだけでキャンペーン割引されることで、「1万円を切るスマートフォン」も少なくないのです。スマートフォンを買い替えるのにかかる時間は、オンラインショップでは30分以内とされています。
ただし、このような対応には注意点もあります。それは「代引きによる購入に対応していないことが多い」、そしてクレジットカードが必要となりやすい点です。これらの対応が面倒くさいと感じる場合は、リアル店舗に来店予約を入れておき来店したほうが賢明でしょう。
ストレージについてですが、スマートフォンの設定からストレージ容量をチェックするだけで問題ありません。ストレージ容量が圧迫されている場合は、不要なアプリなどをアンインストールするだけで空き容量が増えます。
そのほかのスマートフォンの動作が遅い原因としては、「インターネット回線速度に問題がある」かもしれません。インターネット回線というのは、今の時代であれば、Softbankair(ソフトバンクエアー)のような回線工事不要タイプのものでも高速通信が可能となっています。
逆に、少し古いタイプのインターネット回線接続を行っている場合、ダウンロード、アップロードともに遅くなることがあるのです。スマートフォンの動作が遅いと感じる場合は、「インターネット回線速度をカウントしてくれるサイトにアクセスする」ことで、実際の回線速度測定を行うことができます。
もし、何度試しても回線速度が改善しない場合は、Softbankairのような最新のサービスに切り替えるのも賢明です。
最後に、「スマートフォン自体が壊れている」可能性も疑ったほうがよいです。
冒頭の古いスマートフォンモデルを使用しているケースとはちがい、こちらは最新のスマートフォンを利用している場合も起こりえます。スマートフォンは「スマートフォンケースなしで利用できる」ため、今までにスマートフォンをぶつけたことがある場合は、損傷、劣化している可能性を疑いましょう。
もし、スマートフォンの補償サービスに加入している場合は、数千円ほどの料金で新品と交換してもらえるサービスも存在します。あらゆる手をつくしてもスマートフォンの動作が遅い場合は、このようなサービスを利用することも含めて、今後の利用を検討してください。”

とりあえず安くて性能のよいゲーミングスマホが欲しい人向け「Xiaomi 11T Pro」

Filed Under (未分類) by admin on 17-06-2022

“スマートフォンブランドにこだわりがない、安いスマートフォンの販売実績が多く信頼できるところならどこでもよい・・・というケースでは、「Xiaomi 11T Pro」のゲーミングスマホと相性抜群です。
Xiaomiは「SIMフリースマホの販売実績が豊富」なスマートフォンブランドで、しかも、今では数多くのミドルレンジモデルで成功をおさめている実績もあります。なにより、安かろう悪かろうの要素が少なく、Xiaomi 11T Proについても、「5,000mAhの大容量バッテリー搭載モデル」となっています。
これのなにがすごいのか・・・というと、未だにバッテリー容量はスマートフォンブランドに左右されているところです。たとえば、AppleのiPhoneなど一部のスマートフォンでは3,000mAhを少し超える程度のバッテリー容量で、「バッテリー容量が多い」というキャッチコピーをよく見かけます。
ですが今では、「4,000~6,000mAhの大容量バッテリー搭載モデルが多数」の時代なので、基本的にXiaomi 11T Proクラスのスマートフォンでなければ、ゲームアプリを長時間プレイするのは容易ではありません。
このようにXiaomi 11T Proは、最新のモデルやハイエンドモデルと呼ばれる最上位モデルと肩を並べているところがすごいのです。実は本体価格が高い、解像度やカメラ性能が劣るという要素もXiaomi 11T Proにはないので、SIMフリースマホであることを考えると、かなり納得できるコストパフォーマンスが高いスマートフォンと言えます。
しかも、Xiaomi 11T Proはこれほどすぐれているのに、「フル充電にかかる時間はなんと17分ほど」とされています。こちらについてもゲーミングスマホ選びではチェックしたほうがよいのですが、いまだにフル充電に1時間かかるタイプは存在します。急速充電に対応しているスマートフォンは、Xiaomi 11T Proのように充電時間を明記していることが多いので、こちらも可能であればチェックしておいたほうが無難でしょう。
Xiaomi 11T Proの詳細スペックですが、「CPUがSnapdragon 888、動作周波数は2.84GHz、RAMは8GB、リフレッシュレートは120Hz」となります。驚くべきことにXiaomi 11T Proは、CPUがsnapdragon 888と最新のものが搭載されているのです。ただし、ハイエンドモデルと比較した場合は、RAM、リフレッシュレートともに劣りますので、高負荷が予想されるゲームアプリでもサクサク動作するかは不透明です。
Xiaomi 11T Proのそのほかのスペックですが、「解像度が2,400×1,080、サウンド性能はデュアル専用スピーカー、Dolby Atmos対応、ハイレゾオーディオ認証、バッテリー容量は5,000mAh、本体サイズは164.1×76.9×8.8mm、販売キャリアはSIMフリー、OCN モバイル ONE」となります。
最近ではゲーミングスマホでもサウンド性能にこだわる人が増えてきました。Xiaomi 11T Proは、サウンド性能でも高品質と言われているハイレゾ音源対応となっているので、こちらについても安心してプレイできます。
しかもXiaomi 11T Proは、「ディスプレイが10億色以上の色彩表現に対応している有機EL採用」モデルなので、トップクラスのグラフィックスにもこだわりを感じます。”

5G通信で起こる「パケ止まり」問題ってなに?

Filed Under (未分類) by admin on 11-06-2022

“5Gエリアの拡大に伴い、スマホユーザーの中でも5G利用者が増えています。この5G利用者拡大に伴って新たに出てきた問題と言えば「パケ止まり」です。今回はパケ泊り問題についてまとめてみましょう。
【パケ止まり問題とは?】
パケ止まりとは5Gのエリア端付近で通信をすると、5Gエリアが立っているにも関わらず通信ができなくなる状態のことです。携帯電話会社は各社ともに5Gの高速通信をユーザーに体験してもらうために、5Gに優先的に接続するようにネットワークをチューニングしています。しかし電波が弱いエリアの端では、かえってそれがあだとなってしまうため、パケ止まりが多発してしまうのです。
【パケ止まりが起こる原因とは?】
パケ止まりが起こってしまう原因を大手各社は次のように見解しています。
<ドコモ>
5G通信エリアの端など、電波品質が悪い場所ではパケットが起こりやすい。その際5G回線から4G回線への切替がうまくいかず、通信状態の悪い5G回線のまま通信してしまうのが原因。
<KDDI>
5Gの電波品質が弱くなった時のために「3.9G回線」とも言われる「LTEネットワーク」を用意しているが、5Gの電波が弱まって電波基地局が5Gでの通信を継続しようとするために起こる。
<ソフトバンク>
基地局の切り替わりのタイミングでパケ止まりが発生する。
各社の説明には、細部に違いがあるものの、パケ止まり問題は基本的には5Gの周波数の特徴に起因していると言えます。5Gの周波数は4Gに比べて直進性が高いため、障害物を回り込みにくく、基地局の設置密度が低いとカバーしにくい場所ができやすくなってしまうのです。
日本ではまだ都市部でも5G通信エリアが広がっていないところも多く、5Gを使えるのは特定の建物内、狭い地域に限定されてしまいます。5Gから4Gに切り替わるシーンで、パケ止まりが起こりやすいので注意しましょう。日本で5Gがどこでもサクサク利用できるようになるには、まだしばらく時間がかかりそうです。
【パケ止まりの対処方法とは?】
パケ止まりの対処方法に関して、大手各社は以下のように説明しています。
<ドコモ>
5G通信環境が悪化したら、より早く4G回線に切り替えるようにネットワーク装置の設定を変更する。また5G通信基地局を1万局まで増やし、エリア内の通信品質向上に努める。
<KDDI>
通信が集中しやすい山手線や、大阪環状線の全駅周辺で基地局を増設する。5G通信基地局の密度を高めて、人々が集まる駅周辺でのつながりやすさを向上させる。
<ソフトバンク>
通信基地局の増設はもちろん、アンテナを送受信性の高いものに置き換える。”Galaxy M23 5G (SIMフリー)

2年縛り契約は大手キャリア3社ともなくなる!!

Filed Under (未分類) by admin on 21-04-2022

“これまで大手キャリアと契約すると、2年縛りがあり、それ以前に解約した場合には契約解除料を支払わなければいけないというのが常識でした。しかしこの「スマホ契約」の常識が変わってきているのです。今回はスマホ契約の新常識についてまとめてみましょう。
【スマホ契約の2年縛りはなくなった?】
スマホ契約に置いては、新たな常識が登場してきています。大手キャリアのそれぞれをまとめてみましょう。ここではスマホ契約で問題となっていた「2年縛り」に関して各キャリアの対応をまとめてみましょう。
<ソフトバンク>
ソフトバンクとグループ会社である格安SIMのワイモバイルで過去に提供していた契約期間がある料金プランにある「契約解除料(税別9,500円)」に関しては、免除となっています。シンプルで分かりやすい料金プランを提供するために、ソフトバンクでは2019年秋から契約期間・契約解除料を撤廃しています。さらに旧プランを継続する動機付けとなっていた長期継続特典の変更・廃止を2022年2月1日に実施することで、新料金プランへの切替を促す流れとなっています。
<ドコモ>
ドコモも「2年縛り」と言われる契約解除料を2021年10月1日から撤廃しています。定期契約の料金プラン解約時に設定していた解約金(10,450円)と、料金プラン変更前の定期契約プランの契約満了月まで解約金が留保される解約金留保制度は廃止されました。
この変更に伴って、2年定期契約プランの新規受付を中止、10月以降は旧料金プラン(カケホーダイプラン)の「ずっとドコモ割コース」契約者に対して、2年定期契約の契約更新をする際に進呈していた「更新ありがとうポイント」の提供を廃止しています。
<KDDI>
KDDIでは主力ブランド「au」と格安ブランド「UQモバイル」での利用者が2年縛りなどの期間を定めた契約を途中で解約する際に、発生する解約金を2022年3月末で廃止すると発表しています。契約解除料の廃止に伴って、au STARの「2年契約更新ギフト券プレゼント 」は終了となります。また、2年契約Nの新規受付を終了となります。
【なぜ2年契約の縛りがあったの?】
携帯電話の2年契約の縛りは、一定期間の継続利用を約束する代わりに、ユーザーにとってお得な割引を提供する契約という位置づけです。割引対象は利用料金だけではなく、端末料金の場合もあり、両者一体のケースもあります。
元々この2年契約の縛りが始まったのは、大手キャリア同士が顧客の囲い込みを始めたためと言われています。携帯電話の普及初期には、縛りを設けなくても新規顧客はいくらでも期待できました。しかし携帯電話のユーザー数が人口を超えるほどになると、新規ユーザーの獲得よりも、既存ユーザーを手放さないことや、他のキャリアから顧客を奪うことに重点が置かれるようになってしまったのです。
特にMNPがスタートすると、電話番号を変えないで他社に移ることができるようになったため、魅力的な端末を安く購入できるようにしてユーザーを惹きつけ、一定期間の解約を制限することで安定した収入の確保につなげたのです。
【2年縛りがなくなるとデメリットもある?】
ユーザーからすると2年縛りがなくなれば、いつでも自由にキャリアを変更できたり、解約できたりするのでメリットが大きいです。しかし実はメリットだけではなく、デメリットもあります。現在の安価な端末代は、月々サポートと呼ばれる24回の割賦契約に基づくものです。この割引が亡くなれば、10万円近いスマホ端末料金をユーザーが負担しなければなりません。”Galaxy au list

大手キャリアの格安プランは5G通信に対応している?

Filed Under (未分類) by admin on 20-04-2022

“大手キャリア、格安SIMなど様々な会社で5Gに対応しているプランが登場しています。ではキャリアの格安プランは5Gに対応しているのでしょうか?ここではキャリアの格安プランについてまとめてみましょう。
【5G対応の大手キャリアの格安プランとは?】
ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアでは格安プランを相次いでスタートさせています。今回は大手キャリアの格安プラン、格安ブランドの5G対応についてまとめてみましょう。
<ahamo>
ドコモが提供するahamoは、オンライン限定の格安料金プランになります。docomoショップでの取り扱いはなく、全てオンラインでの手続きになるのが特徴です。ahamoでは、5G通信に関してはデフォルトとなっているので、別途オプションに加入する必要はありません。データ容量は20GBで月額基本料金は2,970円です。通話料は5分以内であれば国内通話が無料となっているので、短時間の通話しかしない方には魅力的ですね。またデータ容量が超過した場合には、最大1Mbpsの速度制限がかかるので注意が必要です。
<povo>
povoはauが提供するオンライン専用の格安料金プランになります。月額基本料金は0円で、各自必要なオプションをトッピングしていくという仕組みになっています。povoでは5G通信がもともとの対応となっているので、こちらに対するトッピング(オプション)は必要ありません。
利用データ容量に関しては1GB、3GB、20GB、60GB、150GB、無制限から選択が可能で、音声通話は30秒22円となっています。通話する頻度が高い人は通話かけ放題(月額1,650円)をトッピングした方がよいでしょう。
<LINEMO>
ソフトバンクが提供するLINEMOも、ahamoとpovoと同様にオンライン限定の格安料金プランになります。データ容量20GBスマホプランの他に、3GBのミニプランもあるので、容量をあまり必要としない人にも選びやすいプラン設定になっています。
こちらのLINEMOに関しても5Gは標準対応しているので、別途オプションを申し込む必要はありません。5Gに対応しているスマホをお持ちの方であれば、自動的に5G通信が利用できるようになっています。
LINEMOの特徴と言えば、利用できるデータ容量とは別にLINEのアプリでのデータ容量が使い放題であること。LINEのヘビーユーザーにはかなりメリットが大きいプランと言えるでしょう。LINEトーク、音声通話、ビデオ通話で使用する通信量に関しては消費されないため、LINEでの連絡を頻繁に行う人におすすめです。音声通話に関しては30秒22円になっているので、通話が多い場合にはオプション加入がよいでしょう。
【5Gは格安プランでお安く利用できる】
大手キャリアの格安プランや格安SIMでは5Gに対応しているプランが数多く登場しています。少しでも安く5G通信を行いたいというのであれば、このような格安プランを検討してみるのがおすすめです。まずは5Gに対応しているスマホ端末を用意することも忘れないでくださいね。”

中古スマホを購入する際に注意しておきたいポイントとは?

Filed Under (未分類) by admin on 26-12-2021

“スマホの購入費用が安く、自分の気に入った機種を選んで使える中古スマホを選ぶ人は増えています。ここでは中古スマホを選ぶ時に注意しておきたいポイントをいくつかまとめてみましょう。
【中古スマホを選ぶ際に注意しておきたいポイント】
中古スマホを選ぶ際に注意しておきたいポイントをまとめてみました。
<動作確認がされていないと使えないスマホがある>
中古スマホに格安SIMカードを挿して使用する場合、格安SIM側でスマホの動作確認が完了している端末でなければ、SIM挿入後に正常に作動しないというケースがあります。正常に作動しない具体例としては、
・データ通信ができない
・デザリングができない
・SMSの使用ができない
などがあります。
中古スマホを購入する場合には、動作確認がきちんとされているものを選ぶようにしましょう。各サービスの動作確認済みの端末に関しては「デザリング動作確認済み端末」などと表示されているので、契約前には必ず確認しておきたいです。
<購入前には端末の状態をきちんと確認すること>
中古スマホを購入する場合、スマホ端末の状態はしっかりと確認してから購入しましょう。店頭で購入する場合には、実際にその中古スマホを手にとって確認するべき。オンラインショップで購入する際には、端末の状態をきちんと確認することが大切です。動作確認などの記載がないもの、記載があいまいなものは、避けるようにしましょう。基本的にスマホ本体は3~5年、バッテリーは2年程度が寿命と言われているので、あまりにも古い機種は避けておいた方が無難です。
<ネットワーク利用制限がかかっているスマホ端末に注意しよう>
中古スマホ端末の中には、ネットワーク利用制限が掛かっている端末があります。この端末は「赤ロム」と呼ばれており、端末の以前の利用者が、携帯料金を未払いしていたり、不正利用していたりした場合に、キャリアからネットワークの制限をかけられてしまっている状態です。中古スマホが赤ロムかどうかは、IMEIという端末の識別番号を確認すればすぐに分かります。
・iPhoneでのIMEIの確認方法
[設定]から[一般]を選択し、[情報]から[IMEI]を確認
・AndroidでのIMEIの確認方法
[設定]から[端末情報]を選択し、[端末の状態]から[IMEI情報]を確認
このIMEI情報が分かれば、docomo、ソフトバンク、auなど各キャリアで赤ロムかどうかが確認できます。赤ロムに一度かかってしまったスマホ端末は解除は不可能です。店舗やオンラインショップで赤ロムの中古スマホを購入してしまった場合には、赤ロム補償が付いている場合もありますが、補償がない場合も…。購入前に必ず確認しておきたいです。”